ケツ叩きの道具


竹刀 (サイズ:38) 長:117cm
体育会系シゴキには欠かせないケツ叩き必須アイテム。
振りやすくできているため、軽い割にはケツへの衝撃もあるが、ケツにあたった瞬間、派手な音がするため、ケツを叩かれているという実感が得やすい。
(このサイズは高校生用)


精神注入棒 長:108cm 直径:5cm
旧日本海軍で使われた軍人精神注入棒(バッター)を再現したモノ。
木質の関係で野球のバットより重いため、根性を叩き込むには最適だ。
長:100cm 直径:3.5cm のモノもあるが、ケツに響く重さが物足りないヤツには、この精神注入棒の方が良いだろう。


木刀 長:102cm
ちょっとハードな体育会系や、ヤンキー系のシゴキには欠かせないケツ叩き必須アイテム。
細身で軽いため、ケツに食い込む痛みがきつく、叩く側に細心の注意が必要となる。


入魂棒 長:95cm 幅:10cm 厚:2.5cm
旧日本海軍で使われた軍人精神注入棒(バッター)の原型となったクリケットのバットをケツ叩き用にアレンジしたモノ。
重い痛みがケツ全面に走るが、あたる面積が広いため、ケツの筋肉へのダメージは想像より少ない。


ケツ鳴板 長:92cm 幅:7.5cm 厚:0.8cm
ケツを良い音で鳴らすため、ヘッドスピードが上がるように軽くできている。
パシーンという気持ちの良い音が、ケツの痛みを倍増させる優れ物。


バット 長:85cm / 81cm
野球部といえばケツバットが付き物だが、ケツを叩くには木製が一番。
精神注入棒よりは軽くできているが、ズシッと重い痛みがケツに走る。


T定規 長:66cm
腕立て伏せをさせている時、頭や足の方からケツを叩く場合に使用する。


渇入れ棒 長:66cm 幅:3cm 厚:1.5cm
わざと折れやすい素材で作ってあるので、棒が折れるまで叩くというハードさが味わえる一品。
軽いため、ケツに食い込むような痛さの割には、ケツの筋肉へのダメージは少ない。


ふとん叩き 長:62cm
ガキのケツ叩きではお馴染みの一品。ナチュラル志向の高まりもあり素材はあえて籐にこだわってみた。
ヘッドスピードが速くなるため、ケツに食い込むような痛みが走る。


プリズン・ストラップ 長:57cm 幅:6.5cm 厚:0.7cm
USAの囚人用に刑務所で使われていた懲罰器具を模したストラップ(USA製)。
実際に使われていた物は更に分厚い皮で、長さも1m程度だったようだ。
先端のスピードがかなり速くなるため、手加減して叩いても、かなりきつい痛みになる。


バラ鞭 長:53cm
ケーブルの外皮を細く切って作ってみた。
16本のビニール製リボンが派手な音を立てる。
ケツに切れるような痛みが走る。


定規 長:52cm
プラスティック製なので軽く、あまり痛そうではないが、ヘッドスピードがかなり速くなるので、想像以上に痛い。


指図棒 長:45cm 直径:0.8cm
筋トレシゴキなどの際、ケツをピシピシ叩くのに使用する。ケツにあたる面積が狭いため、鋭い痛みが走るが、ダメージは少ない。


男魂棒 長:44cm 直径:3cm
ケツを太鼓代わりに叩く時などに使用する。先端をケツの穴にあてがい、刺激するためにも使用する。


痛櫂棒 長:43cm 幅:8cm 厚:2.8cm
櫂のように平たくなっているため、重い痛みがケツ全面に広がるが、ケツの筋肉へのダメージは比較的少ない。


ケツ杓文字 長:40cm
ケツにあたる面積が広いため、かなり痛いが、軽いため、ケツの筋肉へのダメージは比較的少ない。


鋲付き革製パドル 長:30cm 幅:10cm
ピンポンのラケットを少し大きくしたようなケツ叩き用のパドルで、片面に三角錐の鋲がついている。
赤く腫れ上がりジンジンしているケツを、鋲の付いた方で叩くと痺れるような痛みが走る。